行政書士の報酬の全て

行政書士の資格学校などで見かける報酬は正しいのか

行政書士の資格を取るということは、年々難しくなってきています。

その理由として、試験の難易度が上昇し、司法書士の試験との差が縮まってきているということがあるわけです。

そこまで難易度が上がってきている理由に、受験者数の増加があります。

法律系の国家資格として、難易度が高いとはいえず取得しやすいと考えられ、報酬の相場を見ればもうかつ仕事と認識されていたことがあるわけです。

行政書士の仕事は一万種類以上あるといわれる書類作成になります。

簡単なものもあれば、かなり難易度の高いものもあり、報酬にもかなりの差があります。

そういったものだけを見れば、とても高収入になるものだと思い込んでも仕方ありません。

資格学校などでも、1千万円以上の収入も狙っていけるなどの口コミも紹介したりするものですから、さぞかし信憑性のある話だと思い込んでしまうのです。

ですが、実際にはそこまで高い報酬の仕事が常にあるわけではなく、小さい案件を数多く重ねていくことで生計を立てていくことのほうが多くなります。

稼げる人は、しっかりと営業をこなし数多くの案件で稼いだりしますが、全く営業をせず来るものを待っているようなところでは、アルバイト程度の年収しかないところもあったりするのです。

ですからこういったものには、平均でとは書かれていないものなのです。

夢の無い話かもしれませんが、高い報酬だけを狙って仕事をすることは不可能なことであり、まず食べていけない行政書士が出来上がってしまうものなのです。

<